誰もが知りたい住宅ローン審査と手続きについて
現役銀行員が解説します。<2019年10月版>

住宅ローン審査マニュアルトップページ >>> 住宅ローン審査マニュアル4「接道条件について(43条但し書道路)」

住宅ローン審査マニュアル4「接道条件について(43条但し書道路)


建物は原則として幅4m以上の道路に2m以上接していないといけません。これを接道条件と言います。

その根拠ですが、建築基準法43条にて敷地の道路への接道義務を定めており、建築物の敷地は42条に定義された道路に2m以上接することとあります。

しかし、その但し書きで、敷地が道路に接していなくても、

1.国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、
2.交通上、安全上、防火上および衛生上支障がないと特定行政庁が認めるならば、
3.建築審査会の同意を得たものについては、認める場介もある

とされています。

市街地は、建築基準法が定められる前から存在し、必ずしも法が意図する街路ができるわけではありません。そこで、法定道路ではなくても、その効用がほぼ道路の条件を満たすと認められた場合、建築が許可されるのです。

国土交通省令で定める基準とは、次のいずれかです(建築基準法施行規則10条2の2)。

1.その敷地の周囲に公園、緑地、広場等広い空地を有する
2.その敷地が農道その他これに類する公共の用に供する道(幅員4メートル以上のものに限る)に2メートル以上接する
3.その敷地が、その建築物の用途、規模、位置および構造に応じ、避難および通行の安全等の目的を達するために十分な幅員を有する通路であって、道路に通ずるものに有効に接する

これを踏まえて、国土交通省から通達が出ており、各都道府県では、法令・通達の趣旨に沿い、それぞれ「一括審査基準」を定めています。この基準は、自治体によって異なるので、各金融機関は、各自治体の基準を確認し、どの基準で許可を受けたのか、検討のうえ審査されることになります。

住宅ローンの審査を受ける前に、もし担保物件が接道しているのが43条但し書き道路の場合、十分に法定道路の広さを有しているか、今後も道路としての機能を保持していく可能性が高いものかを確認しましょう。

参考になさってください。

なお、当サイトでは金利が最も低い住宅ローンのランキングもご案内しておりますので、住宅ローン審査に一抹の不安を感じる方はぜひご活用ください。


>>>最新住宅ローン金利比較ランキングはこちら