誰もが知りたい住宅ローン審査と手続きについて
現役銀行員が解説します。<2019年12月版>

住宅ローン審査マニュアルトップページ >>> 住宅ローン審査マニュアル3「接道条件について(42条2項道路)」

住宅ローン審査マニュアル3「接道条件について(42条2項道路)


建物は原則として幅4m以上の道路に2m以上接していないといけません。これを接道条件と言います。

建築基準法42条1項では、「道路とは4m(場合により6m)以上の幅を持ち、所定の要件に該当するもの」と定めています。

しかし、法律の施行前に市街化された地域には4メートル未満の道も多いため、同条2項では、「この法律が規定されるに至った際、現に建築物が立ち並ぶ幅員4メートル未満の道で特定行政庁が指定したものは第1項の道路とみなす」としています。この道を「42条2項道路」といいます。

42条2項道路は幅員4メートル未満のため、道路の中心線から2メートルのところを本来の敷地と道路の境界線とします。

境界線より道路側の部分は道路とみなされ、建ぺい率や容積率を算出する際に、敷地面積に加えることはできません。

セットバック(境界線を後退させること)した部分が分筆されていることもありますが、まったく分筆してないケースもあります。42条2項道路に面した敷地の場合は、必ずセットバック部分の面積を差し引き、正しい敷地面積を算出することが大切です。

特に住宅ローンの借換えの場合は、重要事項説明書など道路の種類を記した資料が見つからないことがあります。その場合は、必ず役所の建築指導課等で道路の種類を確認しましょう。

また、登記上の敷地面積が建築基準法の面積と必ずしも一致するとは限りません。敷地面積は、建築確認済証等で確認することが大切です。もし確認済証が見つからない場合は役所へ行き、建築計画概要害を取り寄せることにより確認できます。

登記面積で計算すると、建ぺい率や容積率が違反しているようでも、実測による敷地面積で計算すると違反ではないことがありますし、その逆の場合もありますので注意が必要です。

参考になさってください。

なお、当サイトでは金利が最も低い住宅ローンのランキングもご案内しておりますので、住宅ローン審査に一抹の不安を感じる方はぜひご活用ください。


>>>最新住宅ローン金利比較ランキングはこちら