誰もが知りたい住宅ローン審査と手続きについて
現役銀行員が解説します。<2019年12月版>

住宅ローン審査マニュアルトップページ >>> 住宅ローン審査マニュアル2「建築確認について」

住宅ローン審査マニュアル2「建築確認について


家を建てる場合、事前に都道府県に対し、建築確認申請を提出しないといけません。

これは建設計画が、各種法令に抵触しないかどうかをチェックしてもらうためです。

主な規制としては市街化調整地域など、住宅の建設が制限されている区域があるからですね。

この建築確認が終了すると、都道府県から「確認済証」が発行されます。住宅ローンの申請にはこの確認済み証が必要です。

しかし建築確認はこれで終わりではありません。

建設工事が完了すると今度は都道府県による完了検査が待っています。これが無事終了すれば検査済み証が発行されるわけですが、これももちろん住宅ローンの貸し出し時に必要となってきます。

つまりこの建築確認は以下のような流れになるということですね。

1.建築確認申請
  ↓
2.確認済み証
  ↓
3.住宅ローン申し込み
  ↓
4.検査済み証
  ↓
5.住宅ローン融資実行

最近では違法建築を排除する目的で、この完了検査が厳しくなっているといわれています。

信頼できる建築会社を利用すれば概ね問題ないとは思いますが、ご注意ください。

参考になさってください。

なお、当サイトでは金利が最も低い住宅ローンのランキングもご案内しておりますので、住宅ローン審査に一抹の不安を感じる方はぜひご活用ください。


>>>最新住宅ローン金利比較ランキングはこちら