誰もが知りたい住宅ローン審査と手続きについて
現役銀行員が解説します。<2019年10月版>

住宅ローン審査マニュアルトップページ >>> 住宅ローン審査マニュアル1「登記事項について」

住宅ローン審査マニュアル1「登記事項について


購入する住宅や担保となる不動産の面積や所有者を証明するのが登記簿=登記事項証明書です。

金融機関はこれにもとづき、住所や地番なども含めチェックすることになります。

逆に言えば、この登記事項証明書の記載内容が、売買契約書や建築確認申請書と異なってくると、審査で通らなくなる可能性が高まります。

事前にこうした書類の記載内容の整合性をしっかりチェックし、もし事実と異なっていれば修正することが必要です。

なお、現実的にはあまり考えにくいものの、登記上の所有者と実際の所有者が異なる場合というのがあります。登記は悪意の第三者が勝手にしても本当の所有者には伝わらないからですね。

不動産の売買の際には真の所有者が誰なのか、実際に現地に行ってチェックしておくことも重要と言えるかもしれません。

また、住宅ローンの借入に当たっては、前所有者が登記されている抵当権を抹消することが必要になってきますが、万が一何らかのトラブルで抹消に応じてくれない場合には、住宅ローンを借りることは難しくなります。

参考になさってください。

なお、当サイトでは金利が最も低い住宅ローンのランキングもご案内しておりますので、住宅ローン審査に一抹の不安を感じる方はぜひご活用ください。


>>>最新住宅ローン金利比較ランキングはこちら