誰もが知りたい住宅ローン審査と手続きについて
現役銀行員が解説します。<2019年11月版>

住宅ローン審査マニュアルトップページ >>> 住宅ローン担保評価の基本「取引事例の収集」

住宅ローン担保評価の基本「取引事例の収集


取引事例の具体的な収集のしかたは後記のとおりですが、基本的な事柄をまず述べておくことにします。

前提となる取引事例は、できるだけ数多く集めなければなりません。適切な事例かどうかは、その取引価格が担保物件近隣の一般相場とあまりにかけ離れていないかどうかでチェックできます。

比較対象として使える取引事例は、「近隣地域または同一需給圏内の類似地域内」で成立した取引であることが必要です。

なお、更地を評価する場合の取引事例は、更地であることが望ましいのですが、最有効使用にある土地・建物の取引価格から建物価格を控除した残りの土地価格でもかまいません(配分法)。

(次回に続く)

当サイトでは金利が最も低い住宅ローンのランキングもご案内しておりますので、住宅ローン審査に一抹の不安を感じる方はぜひご活用ください。


>>>最新住宅ローン金利比較ランキングはこちら